読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事中のドラマ

相変わらず、毎日仕事の作業してます。去年末から土、日も関係なくずーっとなので、いい加減一日くらいは休みたくなってきました。それに、家に閉じこもったまま全然歩いてすらいないのが怖くなってきました。

仕事中に見ていた海外ドラマの『FRINGE/フリンジ』が観終わってしまい、最近はもっぱらYouTubeの動画を観ています。ドラマで仕事中にながら観でちょうどいい感じのものが見付からなかったのです。YouTubeはもっぱらバラエティや情報番組を観ているのですが、最近飽きてきました。それに、バラエティや情報系のコンテンツって、知識は得られるのですが、なんか単に消費されていくだけのものを文字通り消費してるだけな感じがして……端的に言えば「心が豊かにならない」気がします。

「フィクションは時間の無駄」なんて言う人もいますが(実際、僕もそういう時期があって、政治やドキュメント等のノンフィクション分野しか興味が湧かなかった時もありました)、僕は今は逆に「ドラマや映画、小説等の方が人生を豊かにしてくれる」と思うようになりました。

そんな訳ですが、せっかくHuluを契約してるんだから、山のようにドラマがあるので観たらいいんですが、仕事中に観れるドラマというのが結構難しいです。『ウォーキング・デッド』や『リベンジ』『24』『エージェント・オブ・シールド』等、以前ケーブルTVで途中まで観てたドラマがあるのですが、画面を余り観ないで楽しめるのかというと難しかったりします。チョコチョコ観てて面白かった『メンタリスト』なんかは喜んで観始めまたが、3話ほどみて諦めました。『メンタリスト』も、意外と画面をちゃんと観ておかないと何が何だか判らなくて楽しめないのです。

そんな訳で、う~んどうしたもんか……と思いまたYoutube町山智浩氏や宇多丸氏、春日太一氏の映画解説を観てたのですが、もう軒並み観てしまって観るものが無くなってきました。そんな時、あれ?これどうかな……と思ってHuluで観始めたものがあります。それは……

 

f:id:hs577:20170219230023j:plain

X-ファイル』です(懐かしー!)。

 

これが結構ドンピシャでした。最近のドラマみたいに気負って無く、話がシンプルでまったり感があって、ながら観で楽しむのにちょうどいい感じなのです。それにシーズン9まであってそう簡単に終わらないし!

思えばX-ファイル』って、僕が社会人になった時に日本に入って来たドラマです。テレビ朝日で放送されて流行りましたが、僕はその前からレンタルビデオで観てたました。その後もケーブルテレビでちょいちょい観てましたし、ついでにスピンオフの『ローン・ガンメン』も観てましたし、ランス・ヘンリクセン主演のドラマ『ミレニアム』とのクロス・オーバーもワクワクして観てましたし……あ、映画も2作とも観てる……そしてまた1話から観始める事になろうとは……。別に熱心に追いかけてる訳じゃないんですが、思えば20年以上のおつきあいなんですねぇ……。