読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・仕事中のドラマ

ものすごくご無沙汰になってしまいました。

ちょうどその間がめちゃくちゃ忙しい時期で、締切がいくつも重なっていて、オマケに現場仕事まであったりしました。僕は、あまりゴチャゴチャと色んな事がある事に楽しさよりも不安を覚える「農民タイプ」なので(笑)、じっくり長期間集中して作業が出来る方が有難かったりします。

とは言え、そんなこんなでようやっと作業が一段落して(請求書出したので本当に終わり)、忙しかった日々から開放されました。まぁ、今度は仕事がない不安との闘いなのですが……。日記書いて無かった日々も、海外ドラマはずーっと見続け(聞き続け?)てました。

以前書いた『X-ファイル』なんですが、シーズン5の終わり辺りで中断してます。『X-ファイル』は一話完結が好きなんですが、この辺りになるとやたら全編を通して描かれる壮大な陰謀話が出て来るんですよね。ネットを観るとそっちの方が好きな方が多いみたいなんですが、僕は単発話の方が好みです。そりゃ政府による陰謀のでかい話もいいんですが、色々海外ドラマ観すぎたせいか、「どうせこの脚本書いている時は、先の事までは考えてないんでしょ」とか思ってしまうんですよね。

で、ちょっと『X-ファイル』へのテンションが下がってしまった時に何かないかなーと思ってhuluで探してて出てきたのが、『ウェントワース女子刑務所』。

ウェントワースウェントワース女子刑務所

これは、めちゃくちゃ面白かったです。刑務所モノ……って、要は「悪いムカつく様な奴らばかりが出てきて、いかにサバイバルするかってストーリーでしょ」と思うんですが、ハッキリ言ってそのとーり! びっくりするくらいその通りで、囚人は無論、看守も看守長も刑務所長も誰も彼も、一癖も二癖もある人ばかり(日本人がなぁなぁな関係を良しとする文化なので、なんでもハッキリパッキリする・話すだけでそう見える部分もあるんですが)。

このウェントワース女子刑務所』の何が良いって、1話から面白いんですよ。実は、ドラマって最初は登場人物に愛着がないからちょっとつまらなかったりするんですが、このドラマは初っ端から食らいつかせてくれました。ネットで感想書いてる人が皆そうであるように、次も観よ次も観よ……となってやめられません。ちなみに、主人公はビーという名の普通の主婦。夫のDVが酷くて殺人未遂を犯してしまい収監されます。そんな初回は怯えまくっていた彼女が、やがてプリズン全体のボスにのし上がってゆくという話。

ドラマ全体の構造としてちょっと興味深いのが、シーズン最終話に必ずカタルシスがあるエンドで次シーズンに向かうんですが(要はハッピーエンド的に終わる)、次シーズンが始まると、何故か前シーズンで改心してた(様な気がする)キャラクターがまた最悪に戻ってたり、不穏な空気に逆戻りするトコロ。話を転がす為には、しょうがないのかも知れないけど、せっかく前回ウェントワース刑務所が平和の道を歩むのかと思ったらまたやり直しかい、というちょっとガッカリ感があります。

 

『ウェントワース女子刑務所』を観てた時はまだ多忙だったんですが、あっという間に最新話まで観てしまい、しばらくYoutubeとかを聞いてましたが、一段落したんで腰を据えて何か観ようかなと思って、遂に手を出してしまいました。『ゲーム・オブ・スローンズ』!

ゲーム・オブ・スローンズ

ずーっと「面白い」という噂は聞いてましたが、絶対にややこしいという印象も持ってたので(あと僕が中世ファンタジーものがあまり好きでもないという理由もあって)、避けてたんですが、観始めました。

まず何がビックリって、画面のクオリティの高さと残虐描写。女性の裸もバンバン出て来る。映画となんら変わらないです。以前は格付けからすれば「ドラマ<映画」でしたが、近年ドラマが海外で売れて利益が半端ないせいか、制作予算も含めて「ドラマ=映画」にまでなりつつある印象です(映画も含めてその世界では日本は置いてきぼりですね……)。

まだシーズン2の最初辺りなのですが、これまた「次観た次観たい」とやめられない状態になってます。まだまだ楽しめそうです。

仕事中のドラマ

相変わらず、毎日仕事の作業してます。去年末から土、日も関係なくずーっとなので、いい加減一日くらいは休みたくなってきました。それに、家に閉じこもったまま全然歩いてすらいないのが怖くなってきました。

仕事中に見ていた海外ドラマの『FRINGE/フリンジ』が観終わってしまい、最近はもっぱらYouTubeの動画を観ています。ドラマで仕事中にながら観でちょうどいい感じのものが見付からなかったのです。YouTubeはもっぱらバラエティや情報番組を観ているのですが、最近飽きてきました。それに、バラエティや情報系のコンテンツって、知識は得られるのですが、なんか単に消費されていくだけのものを文字通り消費してるだけな感じがして……端的に言えば「心が豊かにならない」気がします。

「フィクションは時間の無駄」なんて言う人もいますが(実際、僕もそういう時期があって、政治やドキュメント等のノンフィクション分野しか興味が湧かなかった時もありました)、僕は今は逆に「ドラマや映画、小説等の方が人生を豊かにしてくれる」と思うようになりました。

そんな訳ですが、せっかくHuluを契約してるんだから、山のようにドラマがあるので観たらいいんですが、仕事中に観れるドラマというのが結構難しいです。『ウォーキング・デッド』や『リベンジ』『24』『エージェント・オブ・シールド』等、以前ケーブルTVで途中まで観てたドラマがあるのですが、画面を余り観ないで楽しめるのかというと難しかったりします。チョコチョコ観てて面白かった『メンタリスト』なんかは喜んで観始めまたが、3話ほどみて諦めました。『メンタリスト』も、意外と画面をちゃんと観ておかないと何が何だか判らなくて楽しめないのです。

そんな訳で、う~んどうしたもんか……と思いまたYoutube町山智浩氏や宇多丸氏、春日太一氏の映画解説を観てたのですが、もう軒並み観てしまって観るものが無くなってきました。そんな時、あれ?これどうかな……と思ってHuluで観始めたものがあります。それは……

 

f:id:hs577:20170219230023j:plain

X-ファイル』です(懐かしー!)。

 

これが結構ドンピシャでした。最近のドラマみたいに気負って無く、話がシンプルでまったり感があって、ながら観で楽しむのにちょうどいい感じなのです。それにシーズン9まであってそう簡単に終わらないし!

思えばX-ファイル』って、僕が社会人になった時に日本に入って来たドラマです。テレビ朝日で放送されて流行りましたが、僕はその前からレンタルビデオで観てたました。その後もケーブルテレビでちょいちょい観てましたし、ついでにスピンオフの『ローン・ガンメン』も観てましたし、ランス・ヘンリクセン主演のドラマ『ミレニアム』とのクロス・オーバーもワクワクして観てましたし……あ、映画も2作とも観てる……そしてまた1話から観始める事になろうとは……。別に熱心に追いかけてる訳じゃないんですが、思えば20年以上のおつきあいなんですねぇ……。

紗綾が!

YouTubeで巨乳グラビアタレントの紗綾の動画を見かけてビックリ! 髪が短くなってて、おまけに動画の内容がキックボクシングてなにそれ!?

www.youtube.com

どうも、紗綾さんは去年の末に髪をバッサリ切ったようで、動画の中ではボブカットになってました。

ボブカットの紗綾(グラビアアイドル)

彼女はアグネス・ラムから続く系統のグラビアアイドルだなーと思ってたので、こんなに変えるとは思ってなかったです。僕はショートが好みですなんが……これは一般的には賛否両論ありそうですね。ちなみに、ショートが好きな僕でも、紗綾さんはそんなこと関係なく「なんて綺麗なんだ」と思えるグラビアアイドルでした。顔立ちがめちゃくちゃ綺麗なんですよね。おまけにダイナマイトボディなのに身長150cmとすごくアンバランスなのも逆に好きな要素でした。

 

それにしても、体型は相変わらずムチムチですね。

サンドバッグサンドバッグにキックするキックする紗綾

動画のキックボクシングは結構激しい、本格的なものです。YouTubeのコメントでは、皆「センスがいい」とそちらは好意的。もともと、DVDなんかでバレエや激しいダンスやらを披露してましたし、そういったセンスは持ってそうだったので、この企画もアリかも。

シャドウでパンチパンチをする紗綾

キックをするキックをする紗綾

パンチやキックもそれなりに様になっています。

リング上でトレーナー相手に練習する練習する後姿練習する後姿の紗綾

ただ、後ろから見ると、ムチムチ&髪型のせいか可愛い女の子がやってるようには見えない……のは大丈夫なんでしょうか。

僕は正直、王道に興味がなくて変ったタイプがむしろ好きなので、全然これでもOKなのですが、一般的には「ブスになった」とか言われそう。コメントでも、“なに目指してるのかわからん”とも書かれてますが、実際そう見えるだろうなぁ、と思ってしまいます。

ただ、グラビアタレントのゴールって、今のところバラエティタレントになるしかないですし、彼女はこれだけキャリアがあるのに“そこ”に行ってない(行けてない)のは、その才能が無いんだろうってことなので、ちょっと違う道に向かうのもしょうがないのかなと思ったり。

練習後にカメラにカメラ目線で喋る紗綾(胸の谷間)

以前、福山雅治さんが紗綾さんの事を「彼女が今後どうしたらいいか、どうなったらいいか勝手に心配してる」とか言ってましたが、自分も全く同じ気持ち。子供時代から延々グラビアアイドルをやってるのに、変にすれてない印象なので、なにかいい感じに歩んでいって欲しいな、と僕も勝手に思っています。

久し振りに

日記を書くのも、随分久し振りになってしまいました。典型的な三日坊主ですね。

この間、特に2月に入ってから次から次へと仕事が入ってきて、それもどれも進行中や予定なので、今月/来月と大変です。バイトを3月から復帰しようかと思ってましたが、無理になりそうです(申し訳ない気持でいっぱいです)。例のブラックバイトのセブンイレブンの店舗みたいに、ペナルティ取られなくて良かった……(一日も働いてなければ、ペナルティもへったくれもないですが)。

相変わらず、作業中はHuluで『FRINGE/フリンジ』観ながら作業してます。遂に、ファイナルシーズン(数字で言えばシーズン5)に来てしまいました。もう、ほとんど吹き替え音声聞いてるだけで、画面をほとんど観てない状態ですが……こんなに長期間にわたって、一生懸命作った作品をこんなぞんざいに視聴してて、これもまた申し訳ないです。

それにしても『FRINGE/フリンジ』、こんなややこしいドラマをよくシーズン5まで続けたな~と感心しきりです。作った方というよりは、観続けたアメリカの視聴者が! 時間軸やら、大きな流れやら、あちらの世界とこちらの世界の同じ登場人物やら、時間の流れが変って人物像が変わったり。しかも、ほとんど何も説明されないまま話が進んでいくし。このドラマを人に説明する時、超簡単に説明するなら『Xファイル』みたいなドラマと言えますが、ドラマの具体的に説明しろと言われると、とてもじゃないですが、どこから話していっていいのかすぐに出来ません。しかも、合ってるかどうか自信が持てないですし。

明日は土曜日ですが、仕事はいつも通り続けないといけないです。

今年に入って、1日休日だった日が無い状態ですが、自宅作業なのでなんとかこなせてる感じです。それよりも1日まったく出歩くことがないので、そっちのほうが心配です。

ガス漏れ

今日から、自宅作業。

午前中、ガスの検診の人が来て「床暖房か、何かタネ火でガスをずっと使ってるものがありますか?」と聞いてきた。そんなものはウチにはないし一番使っているファンヒーターも人が居ない時はこまめに切っている。お陰でうちは今の時期、家の中がとても寒い。なんでも、ガスメーターに長時間使用の異常を知らせるランプが点滅しているのだという。何も使ってないのなら「ガス漏れ」のおそれがあるのだそうで、早速、委託の検査のオジサンがやってきた。

いろいろ調べたが、一番怪しいのは台所にある未使用になっているガス栓だったのだが、検査員はいまひとつ腑に落ちないようだった。案の定、ガス栓を交換してみてもガス漏れ状態が変わらず、結局“配管”の漏れじゃないかとなった。そうなるとオジサンの検査員では手に負えず、午後から若い方二人がやってきて配管から調べていた。なんだか大掛かりになってしまった。

午前中からガスが使えなくなり、昼はカセットコンロでうどんを食べたりしていたが、仕事を放ったらかして相手している訳にもいかず、午後からは父親に変ってもらった(そもそも、ガスの栓が何処にあるのか等は生まれ育った父親以外に分からないので)。結局、若い二人でもこの日に完全な処置が出来ず、翌日に目星をつけた所を処置作業することに……。

夕食は引き続きカセットコンロを使ったが、お湯がポット以外に無い状態に。風呂が使えないのはもちろん、食器洗いのお湯、洗面のお湯が使えなく、微妙に不便(居間はエアコンを使用)。電気と違って大騒ぎになる訳ではないけど、何にせよライフラインが止まると不便なことを久し振りに実感した日であった(以前、マンションに住んでた時、給湯が壊れた事があった。あれはちょうど正月で業者が来てくれない状態になり、何日も風呂に入れなくなった)。

それよりも仕事が何個も重なって、そっちの方がちょっと精神的につらい状態かな。

ヘルプ要員

今日は、久し振りに以前の会社にお手伝いに行きました。作業が切羽詰ってるらしく、ヘルプ要員です。

退職して一年も経ってないとはいえ、もう細かい作業の手順や約束事がすぐには思い出せない状態になっていました。それでも、仕事自体は楽しく、職場もワイワイした感じなので、久し振りに楽しい時間が過ごせました。

もっと手伝ってあげたいですが、明日からまたアルバイトが入ってるので(こちらも水曜日までのご奉公ですが)、心残りながら一日だけのお手伝いになりました。自分の方の作業もありますし、なんだか回りでやたらバタバタしている感じがします。年度末だからですかね……。

明日にかけて、全国的に雪が降るようなので、現地調査作業はお休み。こちらも心残りであります。

あと、Google AdSenseから支払いのメールが来ていました。趣味でやっているWebサイト(http://www.aurora-design.sakura.ne.jp/)の分です。1年かけて約8,000円です。アフィリエイト目当てのものじゃないので、全くと言って割に合わないですが、むしろあんなサイトで1年とはいえ8千円も貰うほどバナーにクリックがるのか、そちらの方が不思議です……。

素直に生きる

いまアルバイトで行っている会社の社員さんたちは本当に大変そう。仕事を沢山抱えてて、長時間労働で、しかもスケジュールがこぼれてる状態でストレスも多そうで……。バイトの身ながら、少しでも手伝ってあげたい気でいるけど、同時にとてもじゃないけどあんな生活はしたくない、と思う。

しかも、仕事が(僕から見るに)あんまり楽しそうにも見えない。いや、ひょっとしたら会社の雰囲気の問題かもしれない。仕事がつまらなくても職場が楽しければ、結果楽しい時間を過ごせることになるし。今、話題になってる電通のブラック労働事件も、自殺した高橋まつりさんは多分、仕事がしんどくてじゃなくて、会社という場所がつらいから、かといって辞める選択肢もなくて行き場がなくなって自殺したんだろうし。

自分の人生……というと大げさだけど、僕は自分の生活サイクルというものを少しでも気持ちの良い方向にもってくのが大切だな、と最近感じる様になりました。その気持ち良い方向というのが、これは人のタイプによって違うので、個々に判断したらいいと思います(実際、「忙しいの=充実してる」というワーカホリックのタイプは居るので。ただワーカホリックのタイプが厄介なのは、他人にもそれを求めがちなトコロ)。

若い時って、素(す)の自分を無視して、頭で考える世間で“イケてる”方向に走りがちだけど、この年になると世間で何が“イケてる”とかそういう事ではなく、あくまで本当の自分が素直に頑張れるリズムや生活、仕事、それを素直に認めて、それを先鋭化していくのが一番だと思う様になりました。それと自分が見つけた価値観は、他人には当てはまらないので、他人の人生を測る尺度にはしない事。あくまで自分の価値観として大切にすること。そう思います。

f:id:hs577:20170120224129j:plain

今日の能登川は曇ってたと思ったら案の定、雪が降ったり、かと思えば一転天気になったり、かと思えば雨が降ったり……そして明日からは本格的に雪が降りそうなので帰ってきました。